MENU

トラネキサム酸はシミに効果がありますか?

トラネキサム酸はシミへの効果が期待できることがわかっており、皮膚科で薬として使われたり、化粧品へ配合されたりという利用がされています。

 

まず、紫外線を浴びると肌の内部でメラニンが作られますが、メラニンが過剰に作られて表皮細胞に溜まってしまい、その色素が沈着するとシミになります。

 

トラネキサム酸がシミへの予防効果を持つ仕組みは、メラニンが作られる前に肌細胞から出る情報伝達物質を止める働きを持っているため、メラニンの生成を抑えることが出来ることによります。

 

また、トラネキサム酸は肝斑という種類のシミにも効果が期待出来ます。それは、肝斑が発症するのにはメラニンを作るメラノサイトという細胞が活性化することが関わっています。

 

トラネキサム酸はメラノサイトの活性化を促すプラスミンという物質をブロックすることが出来るので、肝斑が出来るのを抑えられるという仕組みになっています。

 

トラネキサム酸は皮膚科でシミの治療を受ける時には、内服薬として処方される場合が多くありますが、その際には他の塗り薬と組み合わせる方法で治療効果を高めることがあります。

 

この成分は肌トラブルの予防や改善効果が期待出来ますが、特に改善を目的として有効に使いたいならクリニックで使い方を提案してもらうのがおすすめです。

 

 

 

化粧品に含まれているトラネキサム酸の効果は?

トラネキサム酸はシミを防ぐ効果があり、美白化粧品によく含まれている成分です。

 

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、元々は止血したり湿疹やアレルギーなどによる肌の炎症を抑えたりするために病院などで使われていたものです。

 

それが、女性ホルモンが原因で起こるといわれているシミの一種「肝斑」に効くことがわかり、肝斑治療のための内服薬に使用されるようになりました。

 

シミも肌に起こった炎症の一種であるため、その炎症を防ぐことでシミをも防ぐ効果があるといわれています。具体的には、肌が炎症を起こしたときに発生するプロスタグランジンがメラニンの生成を促すのを防ぐことにより、シミの発生が抑えられるとされています。

 

現在ではトラネキサム酸は多くの美白化粧品に使われています。内服でもよいのですが、化粧品として肌に直接つけることでシミ予防のより高い効果が期待できます。

 

なお、トラネキサム酸はどちらかというとすでにできたシミをなくすというよりは、これからシミができるのを防ぐ効果が高いので、白く透明感のある肌を維持するために予防策として毎日使うのがおすすめです。

 

紫外線や加齢に伴うシミのほか、ニキビ跡や虫刺され後の色素沈着を防ぐ効果もあります。

 

 

 

飲む期間はどのくらい?

女性の悩みとして、シミがあります。特に、肝斑という頬にできる左右対称にできる比較的大きなシミというのは気になるものです。

 

ファンデーションで隠すのも難しい濃いものもありますし、範囲が広いので、コンシーラーですと不自然になってしまいます。

 

そこで、効果がある成分としてトラネキサム酸があります。トラネキサム酸は、ドラッグストアなどでも購入することができますが、肝斑という診断を医師から受けた方が安心して使えるかも知れません。

 

特徴としてとても分かりやすいということはありますが、それでも違う場合ですと、他のシミにはあまり効果がありませんので、飲むことがムダになってしまいます。また、美容皮膚科などでも肝斑の治療を行うことができますが、その際でもトラネキサム酸は処方されることが多いです。

 

同時にレーザーなどの治療を行っていくことで相乗効果もありますし、より理想的なケアを行っていくことができますが、飲み方に少し特徴がありますので、医師の注意を聞いたり、説明書などをよく読みましょう。

 

2ヶ月ほどの期間利用して、それで効果があれば1度ストップして、また使うといった使い方にあります。。最終的な期間はその方によって異なりますが、数か月〜1年近くの期間はかかるとか。

 

 

 

参考ウェブサイトについて

トラネキサム酸の効果について色々と解説していきました。

 

ところで、シミや黒ずみなどについて悩んでいるならここで紹介するウェブサイトが参考になるかもしれません。

 

特に黒ずみについての情報をまとめているサイトですので、興味があれば見てみてください。

 

文責 りんか